トップページ > トレスポ[国内最大級のVRエンタメ施設出現!!]

国内最大級のVRエンタメ施設出現!!

 今年7月、東京・新宿の歌舞伎町にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」は、バンダイナムコエンターテインメントが運営する国内最大級のVRエンタメ施設。2016年4月から10月までお台場で営業していた「VR ZONE Project i Can」のノウハウを生かして、「VRエンターテインメントの可能性を見出し、さらに広げていくため」に、満を持してオープンしたと同社プロモーション課の近藤千裕さんは話す。
 VRを楽しめるゲームセンターや常設施設はいまや珍しくないが、VR ZONE SHINJUKUの大きな特徴は、最先端技術を取り入れることで、視覚だけでなく全身を使ってその世界に没入できるアクティビティが豊富に用意されていることだろう。個々のアクティビティの詳細は後述するが、VRゴーグルとヘッドホンを装着してスタンバイするだけで、エヴァンゲリオン、ドラゴンボール、機動戦士ガンダム、マリオカートなど、誰もが夢中になったアニメーションやゲームの世界にスッと入り込むことができる。いつのまにか夢を見ることを忘れてしまった大人でも……アニメのキャラクターやゲームの世界の住人になりきって超現実体験を味わうことができるのだ!


仲間と共有体験することで、より“取り乱す”!?

 「マイクを使って会話しながら楽しむことができるので、ご家族やお友だち同士で超現実体験とアクティビティの世界観を共有し、より“取り乱す”こともできると思います」と近藤さん。VRといえばゴーグルをつけて各々が楽しむもの、というイメージがあるかもしれないが、この施設のアクティビティは仲間同士で会話をしながらクリアするものも多く、大人数でワイワイ楽しめるのもVR ZONE SHINJUKUのアクティビティの魅力のひとつといえる。
 13歳以上の年齢制限があり、来場者は20~30代が多いというが、取材時は平日の午前中だったにも関わらず、カップルをはじめ、女性同士の来場者や外国人観光客の姿も多く見られた。また、取材時にはまだ稼働前だったが、9月24日からはお台場上空を舞台にド迫力の空中戦を体験できる「ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空」が導入され、11月10日からは全国のゲームセンターで人気を博している「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のVRプロトタイプ版「機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.」も2カ月の期間限定で設置されるという。ぜひあなたも都会のど真ん中で、日常を忘れて取り乱してほしい。


VR ZONE SHINJUKUおすすめアクティビティ

極限度胸試し 高所恐怖SHOW
 
「まだVRを体験したことがない!」という人にぜひ挑戦してもらいたいのがこちらのアクティビティ。地上200mのビルからせり出す板の上を歩き、子猫を助けて親元へ届けるというシンプルな内容だが、VRゴーグルを装着して一歩踏み出せば、板がガタガタと揺れ、“ビル風”が吹き付けて……と、足がすくむこと間違いなし!! 
極限度胸試し ハネチャリ
 
自転車タイプのグライダーに乗り込み、雄大な大自然を飛び回る「ハネチャリ」は、断崖絶壁からスタートするため漕ぎ出し時には勇気が要るが、サドルにまたがっているからか「高所恐怖SHOW」のような恐怖感は少なめ。仲間とコンタクトを取りながらルートを探す楽しさや、グライダー独特の浮遊感を味わえる爽快なアクティビティだ。

エヴァンゲリオンVR The 魂の座
 
VR史上初、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の世界を体験できるのが「The 魂の座」。コクピット(エントリープラグ)を忠実に再現した筐体に乗り込めば、シンクロ率が表示され、LCLが注水されるなど、エヴァ好きならそれだけで涙ものの演出が見もの。ゲームの難易度は高めだが、最大3人同時に楽しむことができるため、仲間と協力して使徒を殲滅してほしい。
ホラー実体験室 脱出病棟Ω
 
絶叫が絶えることのない施設随一の恐怖アクティビティ。呪われた廃病院から車いすに乗り、仲間と制限時間内に脱出を試みるという内容だが、仲間の誰か一人でも殺されてしまったら全員に最悪の展開が待ち受けている……。リタイア率が半数近くに上るという事実が、その怖さを物語っている。

仲間と共有体験することで、より“取り乱す”!?

 
VR ZONE SHINJUKUの魅力はVRアクティビティだけにあらず。専用のツナギとヘルメットを装着し、地上7m(!)の高さから垂直落下する「ナイアガラドロップ」、水が噴き出したり目の前の崖が崩れたりと、トラップだらけの壁に挑む「トラップクライミング」、テレビのバラエティ番組で見かける、巨大風船の恐怖におびえながら密室からの脱出を目指す「パニックキューブ」など、身体をはって楽しめるアクティビティもしっかり用意されているのだ。施設内には照明やプロジェクションマッピングによる空間演出も展開されていて、クリエイティブな最先端技術を垣間見られるのもうれしい。

VRとAR、どう違う?

近ごろ、よく聞くようになった2つの言葉だが、簡単に言ってしまえば「AR(Augmented Reality/拡張現実)」は「拡張」という言葉通り、現実世界の情報に別の情報を加えて表現する技術や手法のこと。スマホに表示されている現実世界の映像に、その場にはないCGを映し出し、現実世界を拡張するコンテンツなどがARと呼ばれる。一方、「VR(Virtual Reality/仮想現実)」は、人工的な体験(仮想体験)をあたかも現実であるかのように表現する技術や手法を指す。最近ではARとは逆の発想で、現実世界の情報を仮想世界に反映していく「MR(Mixed Reality/複合現実)」といった技術も登場している。

[取材先情報]
超現実エンターテインメントEXPO「VR ZONE SHINJUKU」
東京都新宿区歌舞伎町1-29-1
https://vrzone-pic.com/
©Nintendo Licensed by Nintendo ©カラー ©創通・サンライズ ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

最新の「トレスポ」を読む 過去の「トレスポ」を読む
PageTop